大人気
★エミリオプッチ★

エミリオプッチ

エミリオプッチの経歴

EMILIO PUCCIの経歴

エミリオプッチ(EMILIO PUCCI)は1914年、イタリアのナポリに生まれました。

フィレンツェの貴族の家に生まれ、ミラノ大学へ通った後、アメリカのジョージア州アセンズの大学で学びます。

エミリオプッチ(EMILIO PUCCI)は37年、オレゴン州ポートランドのリード・カレッジに在籍し、社会学を学んだそうです。

そしてエミリオプッチは39年、イタリア帰国後フィレンツェの大学で学び、41年、政治学で博士号を取得しました。

大戦中にイタリア空軍でパイロットを務め、その後、政治家としてイタリア議会に10年間在籍しています。47年、高校時代オリンピックのスキーチームの選手だったエミリオプッチ(EMILIO PUCCI)は、自分でデザインしたスキーウェアを雑誌「ハーパース・バザー(HARPER'S BAZAAR)」に掲載し、人気を博しました。

以後、同誌から女性用の冬服を依頼され、ニューヨークで売り出されました。その後も各国のセレブに上品なプリントが受け入れられ、「プリントの王子(Prince of Prints)」の異名を持ち、衣服やカーペット、アポロ15号使節団のロゴ等々まで手がけ、30年以上もの長きに渡って不動の地位を築いたのです。

90年、CFDA(The Council of Fashion Designers of America)より表彰されました。

92年、エミリオプッチが亡くなった後、娘のラウドミア・プッチ(Laudomia PUCCI)がデザインを手がけています。97年、ミラノの会社に経営権を譲渡しました。

2000年、LVMH モエヘネシー・ルイヴィトングループ(LVMH Moët Hennessy Louis Vuitton S.A.)の傘下に入っています。2001-2001 A/W より、ジュリオ・エスパーダがアーティスティック・ディレクターを務めています。2003 S/S より、クリスチャン・ラクロワ(Christian LACROIX)がアーティスティック・ディレクターを務めた。ラウドミア・プッチはイメージ・ディレクターを務めました。2006-2007 A/W より、マシュー・ウィリアムソン(Matthew WILLIAMSON)がクリエイティヴ・ディレクターを務めています。