大人気
★エミリオプッチ★

エミリオプッチ

エミリオプッチのプリント柄

EMILIO PUCCIのプリント柄

エミリオプッチ(EMILIO PUCCI)のプリント柄はあまりにも有名ですね!!

抽象的とも幾何学的とも表現し得る独特のテキスタイルプリントのシルクジャージ素材は、日本においては「プッチ柄」と称され、あまりにも有名です。

この手のプリント柄物はともすれば派手で軽薄になりがちなのですが、そこにエレガンスさを残存させ得たところに、エミリオプッチの人気の秘密があるのではないでしょうか。

プリント柄でエレガンスを表現することに成功した、数少ないデザイナーのうちの1人であるといえるでしょう。

あの柄を長時間凝視していると、あたかもその文様に呪文がかけられているかのように、プッチ柄の魔力に魅了されそうですね。エミリオプッチ(EMILIO PUCCI)のプリント柄の魔力にかかった女性は多いのではないでしょか??

エミリオプッチ

エミリオプッチのワンピース

EMILIO PUCCIのワンピース

ワンピースがエミリオプッチ(EMILIO PUCCI)だなんて…おしゃれだと思いませんか?

実はこのエミリオプッチ(EMILIO PUCCI)のワンピース、日本ではかなり有名になっています。

全世界のセレブが注目するこちらのブランドですが、ワンピースは「ああ、見たことある!」という人が多い理由、それは歌手の浜崎あゆみさんが自らのリミックスアルバムで着用されていたからです。

四種類のジャケット全て、エミリオ プッチ(EMILIO PUCCI)のワンピースを着ています。

このジャケットで浜崎さんらしいレトロな着こなしが話題となり、ワンピースを買い求める女性が爆発的に増えたそうです。確かに、プッチ風のワンピースを見る機会も多くなりましたね。

エミリオプッチは、バッグやポーチなどの小物だけでなくシャツやスカートなどの洋服たちもとても可愛いです。そして、さらりと着るだけでワンランク上のおしゃれが楽しめてしまいます。

プッチ柄は同じ柄のものがふたつと無いので、お気に入りの一着を探してみるのも楽しいですよ。また、バッグなどの小物とコラボして持ってみるのもいいですね。 エミリオ プッチ(EMILIO PUCCI)の店舗には、可愛いワンピースがいっぱいです。オンラインショップでも販売がされていますので、是非一度この可愛らしさを堪能してください。

エミリオプッチ

エミリオプッチのネクタイ

EMILIO PUCCIのネクタイ

エミリオプッチ(EMILIO PUCCI)の人気商品は財布だけではありません。エミリオプッチのあの大胆な「プッチ柄」は、ネクタイにも大変人気があります。エミリオプッチのネクタイはその柄を見ただけで、エミリオプッチのものだと分かるので、かなりインパクトがありますね。

エミリオプッチのネクタイにも様々な種類の柄があるので、自分のお気に入りを見つけるまでいろいろ探してみるのも楽しいかと思います。

エミリオプッチ(EMILIO PUCCI)のネクタイを購入するときは、実際に店舗に行ってその雰囲気を確かめてから、ネットで同じものを探して安く購入する。ってのが一番お得な気がします♪

エミリオプッチ

エミリオプッチの現在のデザイナー

EMILIO PUCCIの現在のデザイナー

エミリオプッチ(EMILIO PUCCI)の現在のデザイナーは、マシュー・ウィリアムソン(Matthew WILLIAMSON)です。1971年10月23日、イギリスのウインチェスターに生まれました。

94年、セントラル・セントマーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(The London Institute Central Saint Martins College of Art and Design)を卒業しています。

卒業後2年間、マルニ(MARNI)とのフリーランスのデザインプロジェクトやサンドラ・ローズのアシスタント等を行いました。

97年2月、共同経営者であるジョセフ・ヴェローサ(Joseph VELOSA)と共に会社を設立。

1997 S/S には、ロンドンコレクションにデビューしています。

98年、「エル・スタイル・アワード(Elle Style Awards)」の最優秀新人賞を受賞しました。

2006-2007 A/W より、エミリオプッチのアーティスティック・ディレクターを務める。

エミリオプッチ

エミリオプッチの経歴

EMILIO PUCCIの経歴

エミリオプッチ(EMILIO PUCCI)は1914年、イタリアのナポリに生まれました。

フィレンツェの貴族の家に生まれ、ミラノ大学へ通った後、アメリカのジョージア州アセンズの大学で学びます。

エミリオプッチ(EMILIO PUCCI)は37年、オレゴン州ポートランドのリード・カレッジに在籍し、社会学を学んだそうです。

そしてエミリオプッチは39年、イタリア帰国後フィレンツェの大学で学び、41年、政治学で博士号を取得しました。

大戦中にイタリア空軍でパイロットを務め、その後、政治家としてイタリア議会に10年間在籍しています。47年、高校時代オリンピックのスキーチームの選手だったエミリオプッチ(EMILIO PUCCI)は、自分でデザインしたスキーウェアを雑誌「ハーパース・バザー(HARPER'S BAZAAR)」に掲載し、人気を博しました。

以後、同誌から女性用の冬服を依頼され、ニューヨークで売り出されました。その後も各国のセレブに上品なプリントが受け入れられ、「プリントの王子(Prince of Prints)」の異名を持ち、衣服やカーペット、アポロ15号使節団のロゴ等々まで手がけ、30年以上もの長きに渡って不動の地位を築いたのです。

90年、CFDA(The Council of Fashion Designers of America)より表彰されました。

92年、エミリオプッチが亡くなった後、娘のラウドミア・プッチ(Laudomia PUCCI)がデザインを手がけています。97年、ミラノの会社に経営権を譲渡しました。

2000年、LVMH モエヘネシー・ルイヴィトングループ(LVMH Moët Hennessy Louis Vuitton S.A.)の傘下に入っています。2001-2001 A/W より、ジュリオ・エスパーダがアーティスティック・ディレクターを務めています。2003 S/S より、クリスチャン・ラクロワ(Christian LACROIX)がアーティスティック・ディレクターを務めた。ラウドミア・プッチはイメージ・ディレクターを務めました。2006-2007 A/W より、マシュー・ウィリアムソン(Matthew WILLIAMSON)がクリエイティヴ・ディレクターを務めています。